ボディメイク実践編

運動は必要??

運動しないといけないの?

運動は苦手、、、でも痩せたい!

という人からよくこんな声を聞きます。

結論から先に言います。

不要です。

ただし、痩せる=体重を落とすこと

と定義した場合に限ってはの話です。

体重を落とすだけなら、摂取カロリーを消費カロリーよりも

小さくすることで達成することができます。

無理して運動をする必要はありません。

どんな人は運動しないといけないの?

運動をするべき人は

①筋肉をつけたい(維持したい)人

②体重をより早く落としたい人

③あまり食事を減らしたくない人

です。

どういうことかというと

①筋肉をつけたい(維持したい)人について

食事でカロリーをマイナスの状態に保っていると

脂肪も筋肉も分解されていくことになります。

ヒトの体内では常に分解と合成が繰り返されています。

カロリーをマイナスの状態に保つと、分解が優位となり

結果として脂肪も筋肉も分解されていく

というのがカロリー制限によるダイエットの仕組みです。

このとき、運動(筋トレ)をすることで

筋肉の合成を促進することができます。

カロリーがマイナスの状態だと筋肉を増やすことは難しいのですが

筋トレをすることで

できるだけ筋肉を落とさないという効果を得ることができます。

次に②体重をより早く落としたい人と

③あまり食事を減らしたくない人についてです

カロリー制限ダイエットの理屈は

消費カロリー>摂取カロリー

でしたね!

そうすると、運動をすればそれだけ消費カロリーは増えますから

摂取カロリーをそのままにすることでカロリーのマイナスの幅を大きくできます。

そうすると体重の減少スピードが理論上は早くなります。

またいつもより200カロリー多く食べてしまった日に、

200カロリー分の運動をすることで相殺することができます。

結局どっちがおすすめ?

脂肪も筋肉も要らない、とにかく体重を減らしたい

という方は無理に運動をする必要はないと思います。

ただこのようなダイエットは健康上あまりおすすめできません。

一生を健康的に過ごすという意味では

筋肉がある程度あった方がよいと考えるからです。

また一般に食事制限によって部分痩せをすることは不可能だと言われています。

そうすると、

肩がしっかりしていて小顔に見える

背中とお尻の筋肉が発達しているおかげでくびれがある

というようなメリハリボディを目指すには

筋トレをして大きく見せたい部分を鍛えることが有効だからです。

つまり筋トレは部分トレが可能なのです。

このような観点から私は運動、特に筋トレをおすすめします。

まとめ

ここが大事!

体重減少のために運動は必須ではない
筋肉をつけたい、維持したいという人は筋トレをすべき
脂肪について部分痩せはできないが、筋肉はつける部位を選べる
従ってメリハリボディを目指すなら筋トレは必須

ここで運動、筋トレといった言葉がでてきました。
運動といっても有酸素運動と筋トレ(いわゆる無酸素運動)があります。
これについては別記事で解説していきます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA