ボディメイク実践編

コロナ太りを撃退!自宅トレおすすめグッズ②

おうちでの筋トレをもっと充実させるために

前回は自宅でトレーニングする場合の一般的なおすすめアイテムを紹介しました。
今回は特に自宅で筋トレをする際のおすすめアイテムをまとめました。

私は自宅でトレーニングを始めた当初は自重トレーニングをしていました。

もっとも効果的に筋肉を鍛えるには負荷を大きくしていく必要があります。
そこで自宅でも高負荷なトレーニングをしたいと思い、器具を買い揃えました。
ダンベルやチューブ、レジスタンスバンドがあれば短時間で高い負荷をかけることができるので、
効率的に筋肉が鍛えられうだけではなく、筋トレ時間の短縮にも繋がります。

それでは早速紹介していきます!

ダンベル

まず言わずと知れたダンベルです。
ダンベルがあるだけで、普段のトレーニングに簡単に負荷を足すことができます。
価格も比較的安価なものが多いので手軽に取り入れやすいです。
以下のダンベルは私も使っています。私がこのダンベルを選んだ理由は、転がらないことと滑らないことです。2,3kgの物でも体の上に落下すると危険ですので、転がらないということは安全面でとても重視すべきポイントです。
また胸のトレーニングの際にはダンベル同士をくっつけて行う動作がありますが、この写真のような鉄が剥き出しのツルツルとしたダンベルですと

滑ってしまいダンベル同士がうまくくっつかずバランスをとるのが非常に難しいです。

ですので下にあるようなコーティングされたダンベルが使いやすくておすすめです。見た目も可愛らしいですしね!

また自宅でもがっつり重い重量を扱いたいという方は可変式のダンベルをおすすめします。可変式のダンベルはその名の通り重さを簡単に変化させることのできるダンベルです。それぞれの重さのダンベルを揃えるとなるとお金もスペースも必要になってきます。

可変式ダンベルは単体で購入するとなると高価ですが、あらゆる重さのダンベルを購入するよりは安く済みますし、スペースも取らないのでお得だと思います。

ジムに通うとなったら月7000-10000円ほどかかるところ、可変式ダンベルなら3-5ヶ月分の金額で半永久的に使用することができますので、十分お金をだすだけの価値があるかと思います。

特にヒップアップしたい女性の方には可変式ダンベルがおすすめです。というのもお尻を鍛える代表的な種目であるヒップスラストというものがありますが、トレーニングを始めたての時期でも10kg程度は簡単に上がってしまうと思います。
私はウエイトトレーニングはまだまだ初心者で、4ヶ月程度(しかも間に3ヶ月程度ウエイトトレーニングをしなかった時期があります笑)で40kgほどの重量をヒップスラストで上げられるようになりました。
従って本気で引き締まった上向きの綺麗なヒップを手に入れたい方は、手軽にどんどん重量を上げていける可変式ダンベルがおすすめです。

こちらはブロック式の可変式ダンベルです。ピンを差す位置を変えるだけで重量の変更ができるので、次に紹介するダイアル式ダンベルよりも早く重量変更をすることができます。
またダイヤル式のダンベルよりも構造上耐久性が高いので、安全性の面でも優れています。
重量も4.5kg刻みで27段階の調整が可能で、最大重量が片側41kgですので、長く付き合っていける商品かと思います。
私自信は実家に帰ったり一人暮らし先に居たりと移動が多いため、ジムに加入することにしましたが、
そのような移動のない生活を送っていたならばこちらのダンベルを購入しようと思っていました。

こちらはダイヤル式のダンベルです。
最大重量は片側24kgで、15段階の調整が可能です。特に運動初心者の方におすすめです。
自宅での筋トレの効果を高めるという意味では24kgでも十分な重量だと思いますし、価格も前者のブロック式ダンベルよりもお手頃価格です。
ボディメイクの目的以外でも、例えば健康寿命を伸ばすために筋肉を鍛えておきたい方など、手軽にトレーニング習慣を取り入れたい方に特におすすめします。

ダイヤル式で片側最大40kgの物もありますのでリンクを貼っておきます。

チューブ

次にご紹介するのがトレーニングチューブです。
トレーニングチューブはそれ自体軽量で柔らかいものなので、ダンベルに比べて安全性が高い点がメリットといえます。
ダンベルのように高負荷のトレーニングは向きませんが、場所を選ばず手軽に使用でき、初心者の方でも扱いやすいものだと思います。
そこまで筋肉を大きくしたいわけではないが、筋力の増強を目指したいという方にはおすすめです。

こちらの商品は私も使用しています。様々な負荷を選ぶことができ、また部位に合わせたオプション器具もついているので全身鍛えることができます。
特に部位によって、例えば足は強いが腕は弱いなど、もともともっている強さが変わってきます。
そのため部位ごとの強さに合わせてチューブを選ぶことでより効果的にトレーニングできると思います。

レジスタンスバンド

続いてご紹介するのがレジスタンスバンドです。
美尻作りにはマストです!!!!
これ1つで自重トレーニングに負荷を追加することもできますし、
ウエイトトレーニングと合わせて使うと、よりお尻の筋肉を使うという意識をしやすくなり
美尻に一歩近づきます。
私は家でのトレーニングでもジムでのトレーニングでもお尻の筋トレをする際は必ず持ち歩いています。

こちらは私が実際に使っているものです。こちらは布製で、中に滑り止めがついておりスクワットなどをしてもめくれたりズレたりということがありません。
ゴム製のより安価なゴムバンドもありますが、以上のような利点があるためこちらをおすすめします。

私はヒップスラストやスクワットをする際だけでなく、有酸素運動としてダンスをするときもこれをつけながら踊っています。かなりキツくなりますが、手軽に運動強度を上げることができるのでおすすめです。

更に本気で家トレを極める方向け「BodyBoss2.0」

更に上を目指す方におすすめなのがBodyBoss2.0です。
私が大好きなYoutuberであるマッスルグリルさんのチャンネルでも紹介されています。

これ1つでジムで行うようなトレーニングを自宅で行うことができます。
先ほど紹介したトレーニングチューブの上位互換という位置づけです。
バンド1本あたり約13kgの負荷をかけることができ、自宅トレーニングとしては十分だと思います。

お値段は張りますが、
これ1つで全身のトレーニングを高負荷で行うことができ、
またトレーニングの解説動画が無料で見られるという手厚いサポートがある
ということを踏まえるとかなりお得な商品だと思います。

強い負荷でトレーニングができるにもかかわらず、
重いダンベルのような落下のリスクもなく比較的安全にトレーニングができるという点や
場所をとらないという点でも初心者自宅トレーニーにとてもおすすめできます。
自宅でやる場合には動画やテレビなどを見ながら、時間の有効活用もできますのでいいですよね!

ボディメイクの入門として、あるいは手軽な筋力アップツールとして、
自宅で大活躍してくれそうです!
ジムに行くというのはなかなか敷居が高いもので、私はジムに通おうか2年ほど悩んでやっと入会を決めました。
最終的にはジムに通うことになるにせよ、自宅で基本的なトレーニングのフォームを学び、ある程度の筋力を育てるという意味でも、いきなりジムに通うよりもコストパフォーマンスもよく、良い商品だと思います。

 

BODYBOSS2.0の公式サイトはこちらです↓
BODYBOSS2.0家でトレーニングするなら【BodyBoss2.0】

まとめ

以上が私がおすすめする自宅筋トレグッズです。

私は運動経験もなく、人の目もすごく気になるため
自宅に充実したトレーニング環境を作るプランを常に考えています笑

おうちジム化の第一歩としてこちらの記事がお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA